子宮内膜症の1つ、チョコレート嚢胞の治療とは?薬物療法と手術療法。そして、転院を考える。

前回のブログで、体外受精をいったんお休みして、チョコレート嚢胞の治療をすることを先生に提案されたことを書きました。

チョコレート嚢胞とは、卵巣にできた子宮内膜症で、大きくなってくると不妊の原因にもなる、やっかいなものです(´;ω;`)。

チョコレート嚢胞については、体外受精で初めての胚移植へ向けて!チョコレート嚢胞ってなに?子宮内膜症とは?不妊の原因になる?に、調べたことを書いていますので、よかったらコチラも見てみてください☆

 

私のチョコレート嚢胞は右の卵巣にあって、2017年4月に20mmくらいだったようです。

それが12月の時点で24mm、そして2018年1月には30mm近くになっていました。

私は12月の胚移植後から、左の下腹部痛にチクチクした痛みを感じるようになったんですが、先生はチョコレート嚢胞の影響か、もしくはエコーでは発見できない、他の子宮内膜症の可能性もあると言われました。

「子宮内膜症の1つ、チョコレート嚢胞の治療とは?薬物療法と手術療法。そして、転院を考える。」の続きを読む…