リプロダクションクリニック大阪へ転院!初診に行ってきた☆グランフロント大阪の15階は景色も綺麗♪

2018年1月から後藤レディースクリニックへ通院を始めましたが、慢性子宮内膜炎の検査についてのモヤモヤ(詳しくは慢性子宮内膜炎の原因や症状、CD138染色検査について。後藤レディースクリニックからリプロダクションクリニック大阪へ。に書いています☆)などから、夫婦で話し合って、リプロダクションクリニック大阪転院することを決めました。

3月3日に、初診予約を取るためにリプロへ電話をしたら、2日後の3月5日に予約が取れたので、受診をしてきました!

後藤レディースクリニックに初診予約を取ったときは、1ヶ月以上先じゃないと取れなかったので、すぐに予約が取れたのは有難かったです(o^―^o)。

 

予約の電話のときに、HPの初診サマリー(問診票)をダウンロードして記入して持参することと、2日前までにネットで住所や連絡先・保険番号などの情報をデータ送信するように(HPのフォームから)を言われました。

初診サマリーが6枚もあってビックリしたんですが、それまでの治療歴、特に今までの検査値や、体外受精の誘発法や結果については詳しく記載するようになっていたので、それをきちんと書いて持って行けば、わざわざ口頭で説明しなくてもよいように考えられていました。

今までのクリニックで受けた検査のデータは、返却できないので、コピーを取って持ってくるように言われました。

「リプロダクションクリニック大阪へ転院!初診に行ってきた☆グランフロント大阪の15階は景色も綺麗♪」の続きを読む…