認可外施設、大阪の奥野病院で受けられるNIPT(新型出生前診断)の内容は?全染色体検査も受けられる!その費用は?

前回、出生前診断について書きましたが、今回は私たちが実際に受けたNIPT(新型出生前診断)について書きたいと思います。

NIPTその他の出生前診断については前回のブログ「気になる!出生前診断。NIPT(新型出生前診断)とは?費用はいくら?どこの病院でも受けられる?」に書いてるので、よかったらそちらも見てみてください☆

新型出生前診断「NIPT」

私は妊娠が判明したのが39歳の終わり、40歳になる直前でした。

不妊治療を始めた頃から、高齢出産では染色体異常の確立が高くなることを知っていて、もし妊娠できたら、出生前診断を行うかどうか、ということは以前から夫婦で話し合ってきました。

そして、NIPT(新型出生前診断)を受けることを決めていました。

大阪在住の私たち夫婦が、NIPTを受けるために選んだのは、奥野病院という認可外の病院でした。

「認可外施設、大阪の奥野病院で受けられるNIPT(新型出生前診断)の内容は?全染色体検査も受けられる!その費用は?」の続きを読む…

気になる!出生前診断。NIPT(新型出生前診断)とは?費用はいくら?どこの病院でも受けられる?

出生前診断とは、赤ちゃんが産まれる前に、病気や異常を持っているかを調べて診断をすることです。

NIPT(新型出生前診断)とは、妊婦さんの血液を調べることで、赤ちゃんの染色体異常を調べる検査で、日本では2013年から行われている比較的新しい検査です。

NIPTは、昨年放送されていたTVドラマ「コウノドリ」でも扱われていたので、そこで知った人も多いのではないでしょうか?

染色体異常で産まれてきた子が持つ疾患でよく知られているのは、ダウン症だと思います。

この染色体異常の確立は、高齢になるほど上がっていきます。

新型出生前診断「NIPT」

私たち夫婦は、妊娠する前、不妊治療をしている頃から、出生前診断、そのうち特にこのNIPT(新型出生前診断)について調べて、検査を受けるかどうか話し合ってきました。

NIPTやその他の出生前診断を受けるための費用はどれくらいかかるのでしょうか?

また、どこの医療機関でも受けられるのでしょうか?

「気になる!出生前診断。NIPT(新型出生前診断)とは?費用はいくら?どこの病院でも受けられる?」の続きを読む…