子宮卵管造影検査後の痛みと出血

<スポンサーリンク>



2017年5月15日に子宮卵管造影検査を受けました。

検査のときは痛みが少ししかなく、先生が上手だったんだろうなぁ~と思ってました。

その後、痛み出血が出るか不安になって、実際少し続きました。

<スポンサーリンク>



卵管造影検査を受けた当日の家に帰った後と、翌日は下腹部が少しチクチクと痛みました。

あと、足がむくんで(先生に聞いたら、これは関係ないようでしたが)、オリモノのような少しの出血がありました。

検査の2日後に受診したときは、この様子を伝えて、問題ないと言われたし、気になって自分でネットで検索していたら、当日は翌日は痛みや出血がある人は多かったので、これでおさまれば大丈夫だな、と思っていました。

でも、その受診後に帰宅してからまた少し出血し、下腹部がチクチクして少し重く感じました。

翌日、朝起きても同じような症状だったので、心配になってきました。
ネットで調べても、あまり痛みや出血が続いたという話は出てこないし・・・。

 

この後、23日に子宮内膜ポリープ切除と卵管通水の手術を受ける予定になっていたので、不安になってクリニックに電話しました。

問い合わせたら、普通に生活をして大丈夫だが、激しい運動は避けるように言われました。少しの痛みや出血は人によって、続くそうです。
出血が翌週まで続くようなら、連絡してくださいと言われました。
この日は念のため、予定していたヨガはお休みし、普通に生活していました。

痛みについては、気にしすぎているのかもしれないとも思っていましたが・・・(;^ω^)
結局、少量の出血は4日ほどで止まり、下腹部のチクチクする痛みや違和感は、なくなったり痛みが気になったりを繰り返して、1週間ほどでなくなりました。

手術の日の朝は、もう何ともなくてよかったです!

 

少量の出血や痛みであれば、数日は気にしなくてもいいようです。
痛みがひどかったり、出血が多かったら、検査を受けた病院に確認したほうがいいと思います。

私と同じように、痛みや出血で不安になった方がいれば、参考になればと思って書いておきます(^▽^)/

 

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓

人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す