胎芽と心拍確認はいつ頃できる?心拍確認後の流産率は下がる?

<スポンサーリンク>



前回リプロを受診したときは、胎嚢の中に、卵黄嚢(らんおうのう)が確認できました。

次はその6日後の、7w0dとなる2018年4月28日に受診してきました。

 

前回は、もしかしたら胎芽心拍の確認ができるのでは?と思ってドキドキしていたんですが、両方確認できず(;^ω^)。

胎嚢はちゃんと大きくなっていたし、卵黄嚢も見えたので、大丈夫ですよ~と先生に言われつつも、毎回受診のたびにドキドキ(1日1日も常にドキドキしてるんですけど)しています。

胎芽と心拍は、いつ頃確認できるんでしょうか?

<スポンサーリンク>



心拍は、早い人だと5週で確認できる人もいるようですが、遅い人だと8~9週での確認になるみたいです。

胎芽が確認できる時期も、心拍と同じ頃になります。

私は最終生理開始日から数えて、7w0dとカウントしていますが、自然妊娠だと受精日が分からないので、数日のずれはあると思います。

基礎体温の上がり方を見ていると(ガタガタなのではっきり分からないんですが)、3~4日くらいずれてるかもしれません。

おそらく、今は6w~7wだろうなぁと思っています。

 

この日は土曜日に受診したので、やっぱり混んでました(;´∀`)。

今日もまた、前回みたいに1時間くらい待つのかなぁ~と思っていたら、意外と20分待ちくらいで内診室に呼ばれました。

内診は女性の先生でした。

プローブを入れた瞬間、胎嚢が見えました!

胎嚢がまた大きくなっていて、中に何か見える(^o^)

先生が、「赤ちゃんが見えますね。ここ、心臓が動いているのが分かりますか?」と言って、エコー画面を拡大してくれました。

心臓!何か動いてる!!(´;ω;`)

そして、音量を拡大して、心臓の音も聞かせてもらえました。

エコー画面に心拍が映し出されて、ドッドッドッドッという音が聞こえました!

動いてる~!!

不思議な感覚だけど、嬉しい・・・☆

 

待合に戻って、待っていたもちお(だんなさん)にエコー写真を見せました。

そして、それからまた20分ほど待って、次は診察室へ。

今日の診察は三宅先生という若い男性の先生でした。

大きさを聞くと、赤ちゃんは6mmと言われました。胎芽のことですか?と聞くと、そうですね、との返答。

胎嚢の大きさを聞くと、もうあまり大きさを重視しないので測っていないけど、2cmを超えていると言われました。

 

来週もう一度リプロを受診して卒業となるので、移る産院を決めておいてくださいと言われました。

自宅から近い個人のクリニックに転院しようと思っているけど、私は40歳という高齢なので、設備の整った大きい病院を選んだ方がいいですか?と先生に聞いてみました。

先生は、うーん、と言って、確かに高齢では合併症を起こしやすいなどリスクは高くなるが、全ての人がそうというわけではないです、という感じのことを話されました。

もちお(だんなさん)が、出生前診断について聞いていたけど、羊水検査のことを少し話されて、NIPTについては最後にチラッと出たくらいで、詳しくは話されませんでした。

それから、陽性反応が出た頃から、1週間に1回くらい、急にひどい下痢になるけど、これは妊娠したことと関係あるのか聞いてみると、そういう人もいますね~、くらいの返答でした(;^ω^)。

 

この後、リプロ卒業前に、不規則性抗体の検査をするとのことで、採血をして終了しました。

この日のお会計は、自費で9,384円でした。採血したから高かったなぁ。

この日は、心拍が確認できて、本当に嬉しかったです!!

陽性反応が出てから、心拍が確認できると1つの山を越えたというか、少し流産率が下がるようです。

とはいえ、まだまだ妊娠初期で、不安定な時期で流産率は高いです。

まだ不安な毎日ですが、1つ1つクリアできて、育っていってくれていることを喜んで過ごそうと思います(^▽^)/

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す