子宮内膜ポリープの切除手術2回目!手術後に気分が悪くなった(´;ω;`)

<スポンサーリンク>



2017年11月から体外受精にステップアップして、11月20日に初めての採卵を行ったんですが、

そのときに子宮内膜ポリープがあることが判明したため、

ポリープの切除手術を受けることになりました。

 

私は半年前にもポリープ切除手術を受けているんですが、どうやらポリープができやすいようです(´;ω;`)

ポリープは、受精卵が子宮内膜に着床する妨げになってしまうため、キレイに取ってもらいます!

<スポンサーリンク>



子宮内膜ポリープは、子宮鏡下手術という方法で、日帰りで手術を受けることができます。

子宮鏡下手術は、子宮用の内視鏡を、子宮口から挿入して行います。

その内視鏡にカメラが内蔵されており、映像がテレビモニターに映し出されるので、

医師はそれを見ながら処置を行うことができます。

このため、お腹を切らずに短時間で手術ができるんです。

 

私は2年前に、子宮筋腫を取ってもらうのにこの子宮鏡下手術を始めて受けました。

そのときは、2泊3日の入院だったんですが、少数のポリープの場合は、

日帰り手術で可能なようです。

 

11月29日にポリープ切除手術をしてもらいました。

ポリープ手術を受けるのは2回目だし、この前の採卵でも静脈麻酔をしていて同じ感じだったので、あまり緊張はしてませんでした。

でも、ポリープ、ちゃんと取り切れるよね?

というか、ポリープじゃなくてなんか変な病気があったりしないよね?

という心配や不安はありました。いくら短時間といえど、手術って嫌だ・・・( ノД`)

 

予約時間が11:30だったので、その少し前にクリニックについて、

手術の同意書を受付に提出しました。

11:40頃に呼ばれて、安静室に案内されました。

安静室は、手術の前後に着替えて、体を休めるための部屋です。

ベッドがあって、その周りをカーテンがぐるりと1周取り囲んでいます。

 

採卵の記事を書いたときに写真を載せたんですが、

私が通っている扇町ARTレディースクリニックの安静室は、天井がプラネタリウムのように星が光っています☆

なかなか綺麗ですよ~☆☆

気になる方は、コチラを見てください。

「体外受精1回目!初めての採卵☆当日の流れ。」

 

安静室のベッドで、着ている服を全部脱いで、手術着に着替えました。

手術着は薄くて寒いので、ベッドに入って呼ばれるのを待ちました。

冬場はベッドには、電気毛布が敷いてあるので、とても暖かいです☆

看護師さんに、持参した生理用ショーツ(ナプキンをセットしたもの)を渡しました。

これは、手術が終わったら、看護師さんがはかせてくれるためです(;^ω^)

私は麻酔がかかった状態なので、パンツを自分ではけないですからね。

 

前回の手術のときや採卵のときは、手術台に移動してから点滴をしたんですが、

今回は、安静室のベッドで点滴を始めました。

左腕に点滴を打たれて、ベッドに寝たまま待っていました。

これが12時過ぎ頃だったかな?時計を見ていないので、正確な時間は分かりません。

前回はわりとすぐ手術室に移動して、手術が始まったと思いますが、

今回は少しの間、待ち時間がありました。

外来が忙しかったのかもしれません。

 

12:30頃に、看護師さんに呼ばれて手術室へ入りました。

点滴をつけたまま、そっと手術台に横たわりました。

左腕の点滴はそのままで、右腕に血圧計をまかれて、左手の中指に血中酸素を測る機会をつけられました。

胸に心電図の電極シールを貼られて、足は台にのせられて固定されます。

ついこの間、採卵でされたときと同じです。

 

お尻の下にシートを敷かれて、お腹の上にガーゼをのせられました。

このガーゼは、手術後に止血するためのものです。

看護師さんが点滴に抗生剤を注入して、先生が来るのを待ちました。

10分くらい待ったかな?まだかな~と待っていると、先生が登場しました。

 

12:40頃に先生が登場し、手術で使う器具のセットか何かをして、

私は静脈麻酔で眠りました。

 

麻酔がきれて目が覚めたら、もう安静室のベッドの上にいました。

前回の手術のときは、手術室のベッドから安静室に移動しているときに一瞬目を覚ましたんですが、今回は眠っていたようです。

少しだけ、気持ち悪いような気がしましたが、吐きそうなほどではなかったです。

下腹部に少し痛みを感じましたが、それほどひどくありませんでした。

寝る姿勢のせいか、背中が少しだけ痛かったような気がします(;^ω^)

 

看護師さんが、「大丈夫?痛い?」と聞いてくれたので、大丈夫ですと答えました。

無事終わったんですか?と聞くと、「無事終わりましたよ~。」と言われ、

私はその後、すぐに眠りに落ちました。

 

目が覚めたので、ベッドのわきのテーブルに置いていた携帯を取って、もちお(だんなさん)にLINEを送りました。

14:00頃だったと思います。

「無事終わりました。ねます。」というLINEだけ送ってから見直すと、

間違えて友達に送っていました(;´∀`)

もちおにきちんと送り直してから、また寝ました。

 

15:30頃、看護師さんが来て、終わっていた点滴を抜いてくれました。

痛みがないか聞かれたので、少し下腹部痛はあるが、それほど痛くないと答えると、

痛み止めを入れておいたので、大丈夫だろうと言われました。

 

ポリープは普通に取れたんですか?と看護師さんに聞くと、

うん!時間をかけてキレイに取れましたよ!との返事をもらって安心しました。

まだベッドで休んでいていいので、自分のいい時間でトイレに行って、

止血のために詰めているガーゼを取って袋に入れて看護師さんに渡して、

それから着替えて出てきてくださいと言われました。

 

体は大丈夫そうだったので、トイレに行って、止血ガーゼを抜きました。

前回はすぐ抜けたと思うけど、今回は結構奥の方まで入っていたのか、

なかなか全部を引っ張り出せませんでした(;^ω^)

無事ガーゼを抜いて、袋に入れて、ベッドに戻って着替えていたら、

なんだか気分が悪くなってきてしまいました。

 

血の気が引いて、冷や汗が出てきてしまったので、これはまずいなと思い、

ベッドに入って寝ました。

前回のポリープ手術のときは、何事もなかったように元気だったのになぁ。

 

16:00頃に起きて、もう大丈夫だろうと思って、看護師さんにガーゼを渡して、

待合で会計を待っていました。

すると、また汗が出てきて気分が悪くなってしまい、

看護師さんに、もう1時間くらい休んでおくように言われ、再びベッドに戻りました。

 

17:00過ぎに、もう大丈夫になったので、お会計を済ませて、処方せんをもらいました。

お会計は、保険適用分が20,180円、自費分が25,540円でしたΣ( ̄ロ ̄lll)

高い・・・。

前回支払った前金30,000円を引いてもらって、差額を支払いました。

 

次回の受診予約を取ろうとしたら、ポリープの病理検査の結果が出るのが2週間後になるので、それくらいに受診するように言われました。

でも、私は12月に凍結胚移植をする予定になっていたので、

その場合は2週間後の受診では遅いのでは?とたずねて確認してもらいました。

次回受診は、生理開始から2~5日目に受診が必要とのことで、生理が始まったら、電話をして予約を取ることになりました。

 

クリニックが入っている同じビルに調剤薬局があるので、立ち寄って、お薬をもらいました。

抗生剤が5日分と、痛み止めが処方されていました。

この日は朝から何も食べていなかったので、帰りに何か軽く食べて帰るつもりでいたんですが、

気分が悪くなった後だったので、全然食欲がわかないし、

しかも思ったより帰る時間が遅くなってしまったので、そのまま電車で帰宅しました。

 

もう気分も悪くないし、大丈夫だろうと思っていたんですが、

駅まで歩いて電車に乗ったら、また汗が出てきて気分が悪くなってきてしまいました(-_-;)

電車は少し混んでいたので立っていたんですが、しばらくしたら座れたので、

なんとかもちこたえました。

あまりにも食べてないからかなぁ~?と思いながら帰って、晩ごはんはちゃんと食べました。

手術後3~4日間は、お風呂は湯舟にはつからず、シャワーにしてくださいと言われていましたが、

この日はシャワーもせずにすぐに寝ました~(;^ω^)

 **************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す