体外受精後の下腹部のチクチクする痛みが消えない( ノД`)。そして生理で大量出血!

<スポンサーリンク>



長いことブログを書くのをお休みしていました。

去年の年末に、初めての体外受精の結果が陰性だったことに、

思ったよりも、まだまだショックを受けてました。

 

また、去年12月に胚移植をした後くらいから、それまでになかった下腹部痛を感じていて、

最初は気のせいかな?と思っていたんですが、年末年始も痛んで、

やっぱり気のせいじゃない!!と思って、少し不安な気持ちでお正月を過ごしていました( ノД`)

そして、年が明けて、通っていたクリニックのお正月休みが明けるのを待って、受診してきました。

<スポンサーリンク>



私が通っている扇町ARTレディースクリニックは、年末の2017年12月30日~年始2018年1月5日までがお正月休みでした。

東京の大きいクリニックや、産科もある病院なんかは、年中無休のところもありますが、

個人のクリニックはやはり、年末年始のお休みがありますよね。まぁ、当然ですよね~(;^ω^)患者側からすると、ずっと開いてたら安心なんですけど。

 

12月の下旬から下腹部の左の方が少しチクチクするような気がするなぁと思ってはいたんですが、

判定日でクリニックを受診したときは痛みがなかったので、気のせいかもしれないと思っていました。

でも、その翌日にやっぱり少しチクチクするなと思って、12月29日にクリニックに電話をしてみました。

看護師さんが対応してくれて、私は妊娠判定が陰性だったので、子宮外妊娠の可能性はないし、お薬のせいか、便秘が長く続いていたせいで腸に影響が出て、痛みが出ているかもしれないと言われました。

生理がきたら痛みがおさまる可能性もあるので、様子をみてよいと思うけど、

気になるようなら受診してくださいとのことでした。

 

看護師さんとお話をしたら、気持ちも落ち着いて(笑)、

痛みもひどくなく、たまに痛む程度だったので、いったん様子をみることにしました。

看護師さんが言うように、生理がきて痛みがおさまれば問題ないしね!と思いました。

 

そして、その電話をした翌日の12月30日の夜に生理が始まりました。

妊娠判定日に、胚移植のためのお薬を飲むのをやめてから2~3日で生理がくるでしょうと言われていたので、よかったー、生理がちゃんときた、と安心しました。

今までは、生理くるなー!(妊娠しててほしいから)と毎回思っていたのに、生理がきてホッとしたのが、なんか変な気持ちでしたね(-_-;)。

 

ただ、D1(生理1日目)は普通にいつもと変わらない出血量だったんですが、

D2のお昼頃から、急に出血量がどん!!と増えました。

普通にイスに座っていたら、あっ!今、血が横からもれた気がする!と思って急いでトイレに行くと、かなりの出血量があって、ナプキンから血が少しもれてしまっていました。

そのときはそれほど気にせず、ナプキンのセットの仕方が甘かったのかな~と思ったんですが、

その後もすごい血の量で、夜用の大きいナプキンをしているのに、2時間くらいで交換していました。

 

私は2年ほど前に、子宮筋腫を切除する手術を受けたんですが、その頃は子宮筋腫のせいで、生理の出血がかなり多く、まるでそのときに戻ったように、ずーっとポタポタ血が出続けているような感じでした。

子宮筋腫を取ってからは、出血量は減っていたので、久しぶりにそんな大量出血を見て、ビックリしてしまいました。

12月に胚移植をする際、内膜を厚くするお薬を使っていたので、その影響なのかなぁと素人ながらに考えましたが、あんまりにも出血量が多いので、このまま出続けたら貧血になるのでは・・・と思って怖くなりました。

 

クリニックは年末年始のお休みに入っていましたが、緊急の連絡先に電話をかけることはできました。

電話をしようかな、と思いましたが、少ししたらおさまってくるかもしれないし、

翌日になって変わらず大量出血だったら電話しよう!と思い、できるだけ安静にして過ごしました。

大晦日はこうやって、寝ていましたね(;^ω^)。

 

妊娠判定は陰性だったわ、下腹部はチクチクするわ、生理は大量出血だわと、

なんなんだ~!!嫌なことばっかりじゃないかー!!と思いましたが、生理は翌日になるといつもの量になっていたので、ホッとしました。よかった~。

そして、7日間で生理は終わりました。

 

でも・・・

下腹部痛が治らない!!

クリニックはまだ年始のお休みだったので、不安になってネットで検索ばっかりしてしまいました(;´∀`)。

でも、特に情報は出てこないし・・・。

 

そして、再度1月6日の朝1番にクリニックに電話をしました。

気になっていたので、本当はその日に診てもらいたかったんですが、年始の予約がパンパンでもう予約を入れられないΣ(・ω・ノ)ノ!、

そして痛みがそれほど強くなく、緊急性のある危険なことが考えられないため、1月8日の月曜日に受診するように言われました。

この日は祝日だったんですが、体外受精や人工授精、私のような急な痛みや体調不良を訴える人のみ、診察しているようでした。

 

痛みがあるとはいえ、寝込んでいたわけではなくて、年始は私の実家ともちお(だんなさん)の実家に帰ってたし、ご飯もよく食べていたし、

もちおの厄払い(今年は厄年なのです!)に神社に出かけたりもしていました。

激痛ではないんですよね。日常生活に支障があるというほどではないんです。

でも、生理痛で感じたことのある下腹部痛とは違う、下腹部の少し左側がチクチクするという変な痛み。

 

去年の11月末には子宮内膜ポリープ切除の手術を受けているし、11月には初めての採卵、12月に初めての胚移植を受けている。

そして、左の卵巣にはチョコレート嚢胞がある・・・。

知らないところで、私の子宮や卵巣に何かが起こっているのでは?と思うと、とても心配で、1月8日にやっと受診して、先生に診てもらいました。

思いのほか長くなってしまったので、続きは次に書きますね☆

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す