気になる!出生前診断。NIPT(新型出生前診断)とは?費用はいくら?どこの病院でも受けられる?

出生前診断とは、赤ちゃんが産まれる前に、病気や異常を持っているかを調べて診断をすることです。

NIPT(新型出生前診断)とは、妊婦さんの血液を調べることで、赤ちゃんの染色体異常を調べる検査で、日本では2013年から行われている比較的新しい検査です。

NIPTは、昨年放送されていたTVドラマ「コウノドリ」でも扱われていたので、そこで知った人も多いのではないでしょうか?

染色体異常で産まれてきた子が持つ疾患でよく知られているのは、ダウン症だと思います。

この染色体異常の確立は、高齢になるほど上がっていきます。

 

私たち夫婦は、妊娠する前、不妊治療をしている頃から、出生前診断、そのうち特にこのNIPT(新型出生前診断)について調べて、検査を受けるかどうか話し合ってきました。

NIPTやその他の出生前診断を受けるための費用はどれくらいかかるのでしょうか?

また、どこの医療機関でも受けられるのでしょうか?

「気になる!出生前診断。NIPT(新型出生前診断)とは?費用はいくら?どこの病院でも受けられる?」の続きを読む…

妊婦健診の腹部エコーはいつから?子宮筋腫の手術と、子宮筋腫があること、チョコレート嚢胞は出産に影響する?高齢出産で経膣分娩は可能か?

前回のブログは、妊婦健診のために初めて産院を受診して、初めての3Dと4Dエコーで赤ちゃんを見たところまでを書きました。

腹部エコーと経膣エコーを見た後は、イスに座って、先生とお話をしました。

産院の初診だったので、婦人科系の既往歴と治療歴などをまとめて先生に渡して、それに沿って質問をしました。

私は2年半ほど前に、子宮筋腫の摘出手術を受けていて、また今も子宮の外に筋腫がいくつかあり、右の卵巣にはチョコレート嚢胞もあるので、それが出産に影響しないか心配でした。

「妊婦健診の腹部エコーはいつから?子宮筋腫の手術と、子宮筋腫があること、チョコレート嚢胞は出産に影響する?高齢出産で経膣分娩は可能か?」の続きを読む…

不妊治療クリニックから産院へ転院して、初めての妊婦健診へ!不妊治療クリニックを卒業するのはいつ頃?妊婦健診の持ち物は?

2018年5月5日に、妊娠8週でリプロダクションクリニックを卒業した後、その6日後に初めて産院を受診しました。

私がリプロを卒業したのは、心拍確認ができて、その1週間後にもう一度受診をしてからでした。

 

同じように不妊治療のクリニックに通っていた人が卒業するタイミングは、こういった感じが多いようですが、人によってはもう少し長く通うこともあるようです。

お薬を継続して出したり、検査をしているのかな?と思います。

また、遠方から不妊治療のクリニックに通われている方は、早めに卒業してもいいよと言われることもあるようです。

どちらにせよ、きちんと経過をみて判断されると思います(o^―^o)。

私が産院に初めて受診したのは、9週0日でした。

「不妊治療クリニックから産院へ転院して、初めての妊婦健診へ!不妊治療クリニックを卒業するのはいつ頃?妊婦健診の持ち物は?」の続きを読む…