採卵に向けて、感染症の採血と自己注射教室。リプロの自己注射教室は、旦那さんも参加OK!

<スポンサーリンク>



4月に採卵を予定しているので、3月31日にリプロの自己注射教室に参加してきました。

自己注射教室は、後藤レディースクリニックでも参加したので、だいたい同じだろうなとは思いましたが、違うかもしれないし、既にちゃんと覚えているかどうか不安だったので、参加しました☆

 

最初に通院した、扇町ARTレディースクリニックでは、採卵刺激法が低刺激だったため、自己注射はペンタイプのゴナールエフでした。

今回は、高刺激で採卵するため、自己注射は注射器を使うタイプです。

更に、お薬を生理食塩水で溶かして混ぜるところから自分で行います。

後藤レディースクリニックでは、旦那さんが一緒に教室に参加することはできなかったんですが(もともと平日しか行われてなかったし)、リプロは一緒に参加してもOKなので、もちお(だんなさん)にも一緒に来てもらいました!

<スポンサーリンク>



この日は、午前中に、もちお(だんなさん)の感染症の採血のために、まずクリニックへ行きました。

受付で問診票を渡され(次回来院時に提出すればよいと言われました)、待合で少しだけ待つと、すぐに採血に呼ばれて、あっという間に終わりました。

採血の結果が出るのは1週間後くらいです。

 

そして、午後にもう一度クリニックに行って、15:00~自己注射教室に参加しました。

リプロは土日祝日も通常通り開院していて、自己注射教室も開催されています。

受付をして待合で少し待つと、処置室に呼ばれました。

部屋に入ると、奥の部屋に通されました。

参加者は私たち夫婦の他に、夫婦が1組、女性が2人でした。

 

それぞれイスに座り、テーブルには説明書と、今回使う注射器などが置かれていました。

1人の看護師さんが、まずはひと通り説明をしながらやって見せてくれて、その後に自分で実際やるという形でした。

ただ、看護師さんの説明のスピードが速くて、メモをゆっくり取れない感じでしたね(;^ω^)。

説明書は前もって渡されていたし、HPのスライドショーも見ておくように言われていたので、私は何度か見て確認していたんですが、初めて見るもちお(だんなさん)はビックリしていました。

 

お薬がアンプルとバイアルの2種類あることや、注射針がお薬を作るときの長い針と、注射をするときの短い針の2種類あることなど、後藤レディースクリニックと同じでした。

教室に参加して、一度練習したことがあるとはいえ、やっぱり実際、注射器や針を扱うのは緊張しました!

お薬を作る作業の後、ピンク色のビニールの板のようなものがあって、それを自分のお腹の注射をする位置に置き、そこに注射をしました(練習です)。

これで針の指し方や指す角度など、感覚は分かるんですが、後藤レディースクリニックでやったみたいに、実際に自分のお腹に注射して練習しないのかな?

もしかして、自宅でいきなりの、ぶっつけ本番をするのかな?と不安になったので看護師さんに聞くと、この後に1人ずつ、看護師さんがついた状態で、注射を打つと言われたので、ホッとしました。

 

そして、順番に周りをカーテンで閉めて外から見えない状態で、注射を打ちました。

今日は本物のお薬を体に注射するわけにはいかないので、生理食塩水を吸って注射することになっていました。

私たち以外の方は、この後、受診の予定があったようで、私たち夫婦の順番は最後でした。

 

私たちの番になったところで、最初から説明をしてくれていた看護師さんが用事があるようで、他の看護師さんが来て、替わって説明してくれました。

こちらの看護師さんの方が、話し方がゆっくりだったので、分からないことをいろいろ聞いて、じっくり説明してもらいました。

私は、もちお(だんなさん)に自己注射教室に一緒に参加してもらったのは、もしかしたら、注射を打ってもらうことがあるかもしれないと思ったからです。

前にペンタイプの自己注射をしたときは、2日に1回注射してたんですが、今回は毎日注射するし、しかも、同じ日にまた別の注射を打たないといけない日もあるかもしれないので、

お腹ばっかり注射してたら、痛くてお腹に打ちたくなくなるかも(´;ω;`)と思ったんです。

自己注射をする部位は、お腹かお尻のどちらかだったので、お腹に打ちたくなかったら、お尻に打つしかない!でも、自分ではお尻が見えないから打てない!だったら、もちお(だんなさん)に打ってもらおう!と思ったわけです。

 

だから、この実際に注射を打つ練習も、自分でお腹に1回打って、もちお(だんなさん)にもお尻に1回打ってほしいと看護師さんに言ってみました。

看護師さんは、2回も打ちたいんですか!とビックリしてたけど(いや、打ちたいわけじゃないし!)、練習しといた方が安心なので、ぜひやりたいと言いました(;^ω^)。

私、変な人ですか・・・。

注射器を自分に刺すのは、やっぱり怖かったけど、上手にできたようで、血も全く出なくてホッとしました。

刺した後にガーゼを貼るんですが、針を刺した穴が分からないくらいでした(;´∀`)。

お尻に打つ場合は、私がうつぶせに寝転んで打った方がいいと言われ、イスに寝転んで打ってもらいました。

お尻の力を抜いてね~とかも言われたので、やっぱり実際に練習してよかった!と思いました。

私たち夫婦だけ、やたら長いこと練習時間を取ってもらったけど、よく分かったのでバッチリだと思います(^▽^)/

 

この日のお会計は、もちお(だんなさん)の感染症採血が、自費で6,480円、私の自己注射教室が、自費で3,272円でした。

自己注射教室の費用は2,700円なんですが、土曜の午後の時間外加算572円がプラスされて、このお値段になりました。

自己注射は、実際、薬剤を入れて注射を打ったら痛いんだろうなぁ・・・( ノД`)と怖くなりますが、卵を育てるために頑張ります!

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す