胎嚢確認から1週間後の受診!胎芽は確認できる?卵黄嚢(らんおうのう)とは?

<スポンサーリンク>



前回の受診では、小さいながらも胎嚢が確認できました☆

次はその1週間後の、2018年4月22日にリプロを受診してきました。

 

この日は、前回の生理開始日から数えると、6w1d(6週と1日目)で、

ネットで検査していると、早ければ胎芽が見えたり、心拍が確認できる人もいるようでした。

もしかしたら、胎芽が確認できるかも!?という期待と、前回見えた胎嚢が小さかったので、順調に成長してくれているかなぁ・・・という不安と共に受診しました。

<スポンサーリンク>



この日も前回と同様に日曜日だったので、もちお(だんなさん)も一緒にリプロへ。

受付をしてから、前回の領収証で気になったことがあったので聞いてみました。

今まで、再診料は毎回、保険適用だったんですが、前回だけ自費の計算になっていたんです。

もしかして、間違ってる!?と思って受付で聞くと、妊娠カルテになったため、例えばお薬の処方があったり、採血をした場合は保険適用できるが、それ以外は自費になってしまうとの返答でした。

そうだったのか!知らなかったΣ(・ω・ノ)ノ!。

今年の4月から変更になったようで、説明ができておらず申し訳ございません、と言われました。

いえいえ、私もお会計の時にちゃんと見ればよかったんですけど、前回は胎嚢確認できたことに舞い上がっていて、全然気づいてませんでした(;´∀`)。

間違いじゃなくてよかったです(;^ω^)。

 

前回は、待ち時間がそれほど長くなかったんですが、この日は長かったです(゜-゜)。

11:00の予約だったけど、内診室に呼ばれたのが12:00過ぎでした。

混んでたからなぁ~。ずっと、ソワソワしながら待ってました。

 

内診室に入る前に着替えているときに、オリモノシートにうっすらピンク色のオリモノがあったので、内診室に入ったときにメディカルスタッフに伝えると、そのまま先生に伝えてくれました。

内診は、前回診察室でお話した奥野先生でした。

エコー画面をドキドキしながら、じーっと見つめていると、プローブを入れた瞬間、胎嚢が見えました!

あ!前より少しだけ大きくなってる!!

全然大きくなってなかったらどうしよう・・・とドキドキしていたので、嬉しくて、じーんとしました(^O^)。

 

ピンクのオリモノが少しあったことを伝えたので、子宮内膜が出血していないかいろいろ診てくれて、内膜はキレイだし、特に問題ないと言われました。

「赤ちゃんが入っている袋、胎嚢が大きくなっていますね。14.7mmですね。」と先生。

先生がエコー画面を拡大すると、胎嚢の中の端っこに、何か白っぽいものが見えました。

もしかして、胎芽!?と思ったら、先生が、「赤ちゃんに栄養を送るための、卵黄嚢(らんおうのう)というものが見えます。」と言われました。

「胎嚢が大きくなっているし、前回見えていなかったもの(卵黄嚢)が見えているので、大丈夫ですよ~。」と先生が言ってくれて、安心しました(o^―^o)。

赤ちゃんは、お母さんの胎盤を通じて栄養をもらうんですが、この段階では、まだ胎盤が作られていないため、それまではこの卵黄嚢から赤ちゃんへ栄養が送られるんだそうです。

 

いったん待合に戻って、次はもちお(だんなさん)と一緒に診察室へ入りました。

今日は金先生でした。初診のときに、内診してもらった先生です。

エコー写真を見せてもらって、「胎嚢が15mmくらいに大きくなっていますね。卵黄嚢も見えています。」と先生が言ってくれました。

経過は順調だと思っていいんですか?と聞くと、「自然妊娠なので、正確な週数は分からないし、十分妊娠を期待していいですよ。」と言われました。

やっぱり、まだ”妊娠した”ではないんですね(;^ω^)。

胎嚢の中の赤ちゃんが見えて初めて、妊娠しましたって言われるのかな?

胎嚢の中の人、早く見えないかなぁ。でも、無事に育っていてよかったです!

 

次はまた、1週間後に診ましょうとのことでした。

このまま順調に育ってくれて、次回に胎芽心拍が確認できれば嬉しいなぁ。

毎日ドキドキ過ごしていますが、今は本当に、赤ちゃんの生命力を信じるしかないです(^▽^)/

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す