タイミング法1回目!排卵検査薬「クリアプラン」の使い方☆

<スポンサーリンク>



前回の受診時に先生に指示された通り、4月19日から、排卵検査薬を使い始めました!

タイミング法第1回目です☆

私は生理周期がだいたい28日で(1~2日のずれはあります)、基礎体温もつけていたので、
結婚後はすぐに自己流でタイミングは取っていました。

生理が終わって数日したら、仲良しをする、という形です。
でも、排卵検査薬を使うのは初めてだったので、ちょっとドキドキしました。

<スポンサーリンク>



クリニックで出された排卵検査薬は、「クリアプラン」です。

今回は、6本出されました。
使い方の説明は看護師さんから受けたんですが、説明資料も一緒にもらいました。

日付が7月になってるのは、毎回もらっていて、最近もらったものの写真だからです。

これは、扇町ARTレディースクリニックのセミナーを受けたときにもらった資料です。

女性が排卵する36~48時間前に、脳下垂体という脳の下にぶら下がる部分から、卵巣に向かって、約1日間だけ排卵を指示するLHホルモン(黄体形成ホルモン)が大量に分泌されます。これを「LHサージ」といいます。
・・・などの説明が書いてありました。このLHサージを測定するのが、排卵検査薬なんですね。

なんか、妊娠検査薬みたいで、使うのドキドキするな~、
全然線が出なかったらどうしよう!
とか思いながら、検査してみました。

<手順>
①紙コップに尿を取って、そこにスティックのサンプラー部分を半分程度、20秒間浸します。

②サンプラーにキャップをかぶせ、水平な場所に置いて、3分待つ。3~10分後の間が、結果が安定しているそうです。時間をおきすぎてもダメです。

ちゃんと線が出て、ホッとしました!
19日は線出てるのかな?出てないのかな?と思うほどのうっすらで、完全に陰性でした(このときD12でした)。

翌日20日もまだ線が薄く、21日(D14)に、コントロールラインと同じくらいの濃さの線が出て、陽性になりました。
22日は測定する時間が少し遅くなってしまったけど、もう陽性出たからな~という気持ちでいましたね。

看護師さんに言われた測定の注意点は、3点です。
◎朝2回目以降の尿を紙コップに採って行うこと
◎10:00~16:00の間がよい
◎毎日同じくらいの時間に行う
これはちゃんと守らないとなぁ。

コントロールラインと同じ濃さの線が出たら、24時間~36時間後に排卵が予測されます。コントロールラインより濃い線が出たら、それより排卵が近いってことですね。

排卵検査薬は、現段階では私は1日1回しか使っていないので、これだと、いつの時点で(いつの何時ごろ)陽性になったかハッキリしないです。

先生には、陽性が出たらタイミングを取ってくださいと言われましたが、それよりは早めに仲良しを開始しています。
生理が終わったら、2日に1回くらい、そろそろかな?というところで毎日仲良しってとこですかね。

以前参加した、リプロダクションクリニックのセミナーで、仲良しはたくさんした方がよいと言われていました。排卵日を狙って、とかではなく。
精子も頻繁に出した方がいいし、仲良しもたくさんした方がいい!らしいです。

排卵に合わせて仲良しもちゃんとできると、あ~、もちお(だんなさん)の精子くんが私の卵子のところに泳いでいってるのかな~とか思えてきますね(笑)。
タイミング法で妊娠できたら、自然妊娠できたら、1番うれしいのにな~と思いながら、測定していました。

<スポンサーリンク>



コメントを残す