体外受精で初めての胚移植へ向けて!チョコレート嚢胞ってなに?子宮内膜症とは?不妊の原因になる?

<スポンサーリンク>



2017年11月に子宮内膜ポリープ切除の手術を受けて、

その後に生理がきたので、内膜チェックして問題がなければ、

今周期に初めての胚移植をすることになりました!

 

12月8日にクリニックを受診して、内膜の様子を診てもらってきました。

そして、そのときに、私の卵巣チョコレート嚢胞(子宮内膜症)があることを知りましたΣ( ̄ロ ̄lll)

<スポンサーリンク>



この日は内膜の様子を確認するために、まず内診でした。

生理が終わった頃に受診するように言われていましたが、

11月29日にポリープを取って、30日に出血が始まったけど、

普通の生理より水っぽい薄い感じだったので、それが生理なのか、

もしくはポリープを取ったせいなのかが、私には分かりませんでした(;^ω^)

 

出血は、量が増えながら1週間ほど続いたこと、

いつが生理開始日なのか自分では分からないこと、

出血が止まったと思ったが、昨日や今日もほんの少し出血したことを先生に伝えました。

 

先生は、生理開始日がはっきりしなくても、内膜の厚さを診て、胚移植日を決めるので、問題ないですよ、と言われました。

出血が始まった日、11月30日をD1(生理開始日)として、

D16の12月15日を移植予定とすることになりました。

ただ、移植日は内膜の厚さを診て決めるので、もしかしたら予定より延びるかもしれないとのことでした。

12月12日に内診をして、採血をしてホルモン値を見てから、移植日を決定すると言われました。

 

内膜の厚さは5mmでした。

そして、その後に先生が言った言葉に、エコー画面を見ていた私は驚きました。

エコー画面には、卵胞が映ったときのような黒い丸があったんですが、

「左の卵巣に20mmくらい・・・これはチョコレート嚢腫かな?」と先生が言ったんです!

それは、私に伝える感じではなく、隣でメモを取っている看護師さんに言うような感じでした。

え?え?

チョコレート嚢腫??

 

私はビックリして、チョコレート嚢腫があるんですか?と先生に聞きました。

すると先生は、はい、前からありますよ、と言われましたΣ(・ω・ノ)ノ!

それは取ったりしなくていいのか、放っておいていいのか聞くと、

今の大きさなら問題ないし、5~6cmになったら取るかどうか考えましょうと言われました。

 

チョコレート嚢腫(のうしゅ)と先生は言われましたが、一般的にはチョコレート嚢胞(のうほう)」と言われることが多いと思います。

チョコレート嚢胞は、子宮内膜症の一種です。

以前、下腹部痛がたまに起こっていたときに、先生から、もしかしたら子宮内膜症があるかもしれない、とは言われてたんですが(;^ω^)

 

子宮内膜症とは、子宮内膜あるいはそれと似た組織が、子宮以外の場所(卵巣や腹膜など)にできて、増殖と剥離を繰り返す病気です。

子宮の内側にある子宮内膜は、生理のときに月経血として体の外に出ていきますが、

子宮以外で増殖したものは、体の中にとどまってしまい、炎症や癒着を起こすと痛みを感じるようになります。

 

チョコレート嚢胞とは、卵巣にできた子宮内膜症です。

出血が卵巣内でたまり、血は時間が経つと茶褐色になり、チョコレートのように見えることから、チョコレート嚢胞と呼ばれているようです。

以前働いていた会社に、チョコレート嚢胞がある20代の女性がいたんですが、

彼女は痛みがかなり強いようでした。

私は今は、全然痛くないんですけど(;´∀`)

 

その後、いろいろ調べていたんですが、

私と同じように、1~2cmのチョコレート嚢胞があっても、不妊治療に通っているクリニックの先生から伝えられていない人もいました(;´∀`)

今は、クリニックに通っているので、エコーで経過を診てもらっている状態でいいようです。

 

チョコレート嚢胞が不妊の原因になるのでは?と思って調べてみました。

チョコレート嚢胞が卵管と癒着してしまうと、卵子を卵管に取り込めなくなるし、

また、大きくなると、卵子が成長するのを妨げてしまうようです。

大きくなってほしくないなぁ(>_<)

大きくなると、手術で取り除くか、お薬を使ったりするみたいです。

チョコレート嚢胞に負けず、妊娠したいです!!

 

さて、この日は内診の後に、看護師さんからお薬の説明がありました。

採卵前にも使っていた、エストラーナテープを今回も貼ります。

採卵前は1回2枚貼っていたんですが、今回は3枚貼ることになりました。

多いな~((+_+))

でもこれで内膜がちゃんと厚くなってくれますように☆☆☆

 

看護師さんから、凍結融解胚移植の同意書を受け取りました。

同意書は、胚移植の前日までに提出するように言われました。

 

今回の胚移植のお会計ですが、胚移植の費用の約2/3である162,000円を前納すると、

治療中は会計をすることなくそのまま帰れる「するっと会計」を利用することにしました☆

移植した後も、会計を待たずにさ~っと帰れます♪

採卵のときもするっと会計を利用したので、楽でした(^O^)

 

162,000円は、振り込みにするか、クレジットカード払いにするかを選びます。

指定口座に振り込むと、3000円ディスカウントされると言われたので、振り込みにしました。

前回は、クレジットカードで払うとポイントが貯まるからクレジットにしたんですが、

今回は金額が前回ほどではないので、3000円ディスカウントのほうが安いので、振り込みで(^▽^)/

 

次回の内診でちゃんと内膜が厚くなって、問題なく胚移植に進めますように(o^―^o)

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す