人工授精(AIH)の費用はいくらかかる?妊娠の確立はどれくらい?

<スポンサーリンク>



2017年4月~7月の間に、タイミング法に3回チャレンジして、

うまくいきませんでした(´・ω・`)

そして、次回は人工授精にステップアップすることに決めていたので、クリニックで詳しくお話を聞いてきました。

 

人工授精はどんなものなのか、ぼんやりは分かっていたのですが、

具体的な方法ってどうやるの?

費用はいくらくらいかかる?

妊娠する確率はどれくらい?

などなど、初めてなので、気になることだらけでしたね(;^ω^)

<スポンサーリンク>



人工授精(AIHまたはIUI)は、より運動性のよい精子を集め、子宮の中に直接入れることによって、精子と卵子が出会う確率を高めます。

 

方法は、洗浄・濃縮した運動性の高い精子を卵管近くに注入します。

奇形率の高い精子や不動精子(動かない精子)を洗浄して除去し、運動性の高い生理を集めるため、スムーズに卵に向かって泳ぐことができます。

私が通っている、扇町ARTレディースクリニックでは、こうやって元気な精子を集めるために、遠心分離を行っています(おそらくほとんどのクリニックはそうだと思います)。

 

「人工」という名前がついていると、とっても人工的なのかと思ってしまいますが、

実際は、子宮内に注入された精子が自力で卵管を通過し、卵子と出会って、受精→着床→妊娠するという過程は、自然妊娠とほぼ同じです。

麻酔の必要もなく、痛みもほとんどないので、体への負担が少ないです。

 

費用は?とクリニックでたずねると、2~3万円です、と言われました。

病院によって違うと思いますが、扇町ARTレディースクリニックでは、

平日:診療時間内 21,000円、16時以降 24,000円

土曜:23,000円

日曜・祝日:24,000円

ということでした。

 

妊娠する確率はどのくらいかというと、

薬を使用しない自然な周期の場合、約6~8%、

排卵誘発剤などでホルモン刺激をした場合は、10~15パーセントで、

タイミング法の約2~3倍となります。

 

私はタイミング法で妊娠しなかったので、ステップアップして人工授精に進むんですが、

そうでなくても、最初から人工授精を受けるケースもあります。

 

精子の数が少ない、運動率が低いなどの、精液所見に異常がみられる

性交障害がある

性交後試験(フーナーテスト)が不良である

年齢・卵巣機能低下や子宮内膜症などの不妊原因があり、積極的な治療が望まれる

などの場合です。

 

私の通ってるクリニックでは、人工授精を希望する月の、月経開始日5日までに来院して、

いつ頃が人工授精になりそうなのか、診察の時期、薬の手助けが必要なのかどうかなどの相談を医師と行います。

排卵誘発剤などを使う場合は、この時に処方を受けて、内服を開始します。

 

私は生理開始3日目に受診してきました。

このときの様子は、次回書きますね(^▽^)/

 

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓

人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す