人工授精後に、デュファストンを飲みました。その効果や副作用は?

<スポンサーリンク>



初めての人工授精をした後デュファストンというお薬を処方されました。

私は不妊検査で特に異常がなかったので、

今までお薬は全く出されていませんでした。

(病院や先生の方針で、最初からお薬を出されるところは多いと思います。)

 

検査や手術のときの、抗生剤や痛み止め以外に初めて出されたお薬が、

デュファストンでした。

今日は、その効果や副作用について、書きたいと思います。

<スポンサーリンク>



私は、黄体ホルモンの血液検査では、数値は正常だったんですが、

基礎体温の高温期に、高温が持続せずに、数日間下がってしまうことがありました。

 

そのため、今回は先生に「黄体ホルモンの働きを助けるお薬を出しておきますね。」と言われて、デュファストンが処方されました。

 

私が説明を受けた内容は、デュファストンとは、

天然の黄体ホルモンと同じ作用があり、乳腺の発達を促進し、

子宮の筋肉を弛緩して、妊娠を維持するために、好ましい状態をつくるお薬、とのことでした。

 

副作用については、発疹・食欲不振・吐き気などの症状が現れることがあるが、

吐いてしまうなどひどい症状が出たら、電話してくださいと言われました。

 

気になったので、調べてみると、私のように人工授精の後に使われることも多く、

また、他にも、生理不順や無月経などの治療や、

妊娠を維持するために使われたりもするようです。

 

クリニックで説明されたような副作用は、私は何も出ませんでした。

でも、ネットで検索していると、便秘になるとか、イライラするとか書いている人が多かったですね!

 

便秘がちにはなりましたが、もともと排卵後は便秘になりやすいし、特に、そこまでひどいわけではなかったです。

イライラはしてましたが、薬のせいなのか、どうなのか・・・(;^ω^)

 

私は人工授精をした3日後から12日間、朝と夕食後に1錠ずつ、1日2錠飲んでいました。

基礎体温の高温期が安定していて、いい感じだ~(^O^)

このまま妊娠したい!!と思っていたんですが、

高温になって14日目に体温が下がりました(´;ω;`)

まぁ、その前に便秘が改善して、便通がよくなっていたので、

これはいつもの生理が来るパターンか~!とビビッてたんですけどね。

 

いつもは体温が下がってすぐか、ガクッと下がらないうちに生理になるので、

体温が下がっても生理にならないから、「???」と思ってたんですが、

それはデュファストンのせいだったようです。

 

先生は、だいたいデュファストンを飲み終えて、2~3日で生理がきますと言っていました。

私は飲み終えて、2日後の夜に生理がきました。

人によっては、飲み終えてすぐ生理がくる人もいるし、もう数日かかる人もいるみたいなので、

飲み終えてもぜんぜん生理がこない場合は、基礎体温が下がっていたら、病院に確認したほうがいいですね!

 

デュファストンは、不妊治療ではよく使われるお薬みたいです。

お薬って、副作用が気になるし、できれば飲みたくないものですが(;´・ω・)

先生の説明をきちんと聞いて、必要なときはお薬に助けてもらって、効果を信じて進んでいきたいですね☆

 

 **************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓

人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す