妊活は自分たちでタイミング法から始めよう!回数はどれくらい?

<スポンサーリンク>



妊活や不妊治療を始めようと思ったときに、

すぐに専門の病院に通うことを考える方もいると思います。

結婚して半年、1年、経ったのに赤ちゃんができないし・・・

と思いますよね?

 

でも、ちょっと待ってください!

ほとんどの人が病院で最初に挑戦するタイミング法は、

ある程度自分たちで実践できますよ☆

<スポンサーリンク>



私が現在通っている、扇町ARTレディースクリニックでのタイミング法は、次の通りです。

①生理周期からおおよその排卵日を予測して、先生に受診日を伝えられます。

②受診して、超音波で卵胞の大きさと内膜の厚さをチェック。

③この日から排卵検査薬を使ってくださいと指定され、検査薬が陽性になったら仲良し。

 

超音波のチェックは自分ではできませんが、この流れなら、自分たちで挑戦できそうだと思いませんか?

というのは、妊娠できないと言って病院に来る方の中には、

今まで自然にしていた仲良しのタイミングがずれていたり、

仲良しの回数がそもそも少なかったりする人もいるそうなんです。

 

私は、必要なのは、次の2点だけだと思っています。

 自分の生理周期を知って、排卵日を予測する。

 仲良しの回数を多くする(生理終了後から毎日、2日に1回など)。

 

なんなら、【2】だけでも構わないと思います!

排卵日は確実には分かりませんからね。

 

【1】の自分の生理周期を知ることは、だいたいみなさん分かっていると思いますが、

妊娠を望むなら、毎朝、基礎体温を測って記録することをおすすめします。

 

基礎体温表をつけておくと、後に病院に受診することになったときに先生に見せて、治療の参考にしてもらえます。

また、通常は高温期と低温期の二層のグラフになるので、

そこでだいたいの自分の排卵日や、生理が来る日が分かりやすいです。

 

私はアプリの「ルナルナ体温ノート」に毎日記録しています。

グラフの画像を保存して、印刷してクリニックに提出できるので、便利ですよ♪

 

そして、大切なのは、【2】です!

以前、私の知りたいで、「妊娠したいんだけど、月2~3回しか仲良ししてないの。」と言う人がいました。

・・・え?

それは、よっぽどビンゴにならない限り、無理でしょう!!!と思いました(;^ω^)

 

妊活を本気で考えている人は、そんなことはないと思いますが(;´▽`A“

排卵日は、特定することはできません。

排卵検査薬を使えば、陽性になった24~36時間後に排卵する可能性があるので、

目安にはなりますが、1時間おきに排卵検査薬を使うわけではないので、

きっちり、この日の何時から何時までの間に排卵する!とは分かりません。

 

ただ、排卵日は生理の14日前にきます。

生理周期が28日の人なら、生理開始から14日で、

生理周期が35日の人なら、生理開始から21日でくるのです。

 

だから、生理が終わったら、仲良しをできるだけ毎日する!

これがタイミングを逃さない方法です。

 

ただ、毎日はちょっと・・・だんなさんも疲れてるよ・・・っていう人は多いと思います。

私のおすすめは、生理終了後に2日に1回仲良しをして、

もうすぐ排卵日だろうと思うときに、毎日仲良しする!という方法です。

 

卵子の寿命は、排卵後1日くらいです。

精子の寿命は、3~7日と言われています。

ただ、寿命が長い場合は7日間生きていると思いますが、

全部がそうではありません。2~3日と考えておくほうがいいでしょう。

 

また、射精直後の精子には受精能力がありません。

射精後5~6時間経ってから、受精可能運動ができるようになります。

 

このようなことを考えると、やっぱり、1番いいのは毎日仲良しすることですね☆

これは、私たち夫婦が不妊治療の病院探しをしているときに、参加したセミナーで、

リプロダクションクリニックの松林先生も言われていました。

そのとき、松林先生は、精子は毎日射精したほうが、良い精子が作られるとも言われていました。

 

そのときのセミナーについては、

リプロダクションクリニックの「体外受精・一般不妊説明会」(病院選び)

に詳しく書いているので、気になる方は、そちらも見てみてください☆

 

また、医療法人オーク会の田口先生も、著書「ポジティブ妊活7つのルール」の中で、

「月経が終わった直後から、できるだけ毎日、性交渉をもってください」と書かれていました。

 

この「ポジティブ妊活7つのルール」は、妊活を始めようとしている方や妊活中の方にとってもおすすめの本なんですが、それについては、

妊活・不妊治療をしながらずっと読みたいおすすめの本!「ポジティブ妊活7つのルール」

に詳しく書いてますので、よかったらそちらもどうぞ☆

 

病院に行って不妊治療を行うことは、なかなか思い切りが必要です。

迷っているのなら、まず自分たちでタイミング法を行うことがいいと思います。

 

でも、病院では、不妊に関わるいろいろな検査が受けられるので、

生理や体に不安がある方や、高齢の方などは、早めに検査を受けられるのもいいと思います。

 

おそらく、ほとんどの病院は、まずはタイミング法から進めていくと思います。

(既に分かっている疾患や年齢などで違ってはきます。)

自分たちできちんとタイミング法を行っていたら、それを先生に伝えて、

検査をして、人工授精や体外受精から進めて行くこともできると思います。

 

病院に行って、先生にまかせっきりにするのではなく、

自分の体のことや妊娠について理解して、夫婦で相談して決めていくことが大事だと思います。

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す