体外受精にステップアップして、初めての凍結融解胚移植!胚移植当日のスケジュールと、胚移植後の過ごし方は?

<スポンサーリンク>



2017年12月15日に、初めて胚移植をしてきました!

11月20日に採卵した後、当初はそのまま初期胚を移植する予定だったんですが、

子宮内膜にポリープができていることが判明したため、

先にポリープを取るために、胚移植は延期になっていました。

 

採卵後は1個の受精卵ができて、正常に分割し、採卵3日後に4分割した状態で凍結されていて、その卵ちゃんを迎えに行ってきました~(^O^)

<スポンサーリンク>



当日は、15時から胚移植開始予定で、14:45にクリニックに来るように言われていました。

胚移植を行うとき、尿をためておくと移植しやすいため、

13:00~14:00の間に、500mlペットボトル1本分の水を飲んで、

14時に一度トイレに行き、その後はトイレに行かないで、

できるだけ尿をためておくように言われていました。

 

どうしても我慢ができなくなったらトイレに行って大丈夫ですよ、と看護師さんには言われてたけど、

尿量が少ない場合は、尿道に細いチューブを入れて、膀胱に生理食塩水を入れることがある、ともらった胚移植の説明の紙に書いてあったので、

それは嫌だなぁ~と思っていました(;^ω^)

冬だから、寒さでトイレに行きたくなりそう!

でも、できる限り我慢しよう!

と、少し緊張しながら水を飲みました。

 

水500mlは、1時間かけて少しずつ飲みました。

一気に飲むと、すぐ出てしまうんじゃないかと思ったので(;^ω^)

14時にトイレに行った後は、温かいジャスミンティーを少し飲みました。

 

そして、クリニックで予定時間の少し前に受付を済ませて待合で待っていると、

14:40頃に胚培養士さんに呼ばれました。

移植する胚の確認をしました。

凍結していた胚は、今日既に融解して、孵化補助も済んでいると言われました。

そして、この時点で、クリニックで保管している凍結胚は0個であることを確認しました。

 

そう・・・。私は4個採卵できたんですが、そのうち1個だけが成熟卵で、

残り3個は未成熟卵のままだったので、受精卵になって凍結できたのが1個だけだったんです。

貯卵したかったなぁー。

いやいや、卵がたくさんあっても、それよりも妊娠することが重要なんだから、

この貴重な1個の卵ちゃんが無事育ってくれることが1番大事なんだ!!

と思いました。

 

胚培養士さんとのお話が終わって、14:45頃に安静室に案内されました。

採卵やポリープ切除手術のときに使ったのと同じ部屋です。

どうやら、胚移植も手術台で行うようでした。

下の服を全部脱いで、準備されたタオルの巻きスカートに履き替えました。

 

14:50頃に看護師さんが来て、ベッドに寝た状態で採血されました。

ホルモン値を調べるための採血です。

それからベッドで待っていたんですが、なかなか呼ばれない・・・。

だんだんトイレに行きたくなってくるΣ( ̄ロ ̄lll)

 

15:15頃に呼ばれて、手術室へ移動しました。

よかった~!トイレ行かずに間に合った(^O^)

手術台に乗るのは採卵1回とポリープ手術2回に続いて4回目。

寝転んで、両足を開いて固定され、お尻の下にシートを敷かれました。

私の左側にはエコーの画面があり、その上にも画面があって、そこには移植する胚が映っていました。

 

先生が登場して、今日はまだ寒さがマシですね~と話しかけられました。

私は少し緊張しつつも、卵ちゃんをお腹に迎えられるので、嬉しくなってました♪

たぶんニコニコしてただろうな(笑)。

 

先生は、腹部にジェルのようなものを塗って、お腹の上からエコーの棒を当てました。

いつもは経膣エコーなので、腹部エコーは初めてでした。

妊娠したときにするエコーみたい(((o(*゚▽゚*)o)))

腹部エコーは尿をためておくとよく見えるということなのかな?

 

先生は子宮の大きさを確認していました。大きさは7cm。

人工授精のときと同じように、器具で子宮口を広げて、消毒されました。

看護師さんが、少し痛いのでがんばりますよ~!と声をかけてくれました。

少し痛かったけど、それほどの痛みではなかったです。

 

看護師さんに、エコーの画面を見るように言われて見ていました。

先生がカテーテルを挿入し、位置を決めていました。

準備OK、と先生が言いました。

 

看護師さんに、今度は胚が映っている画面を見るように言われました。

それまでは移植する胚の写真が映っていたんですが、

画面が切り替わって、現在の映像が映し出されました。

映っていた胚に細長い管が近づいて・・・

吸い込まれました!!

 

胚培養士さんが、その吸った胚を、先生が指示した位置へ移植!!

エコー画面の中で、私の子宮の中にキラキラ光るものが入ってきました☆☆☆

「移植しました!」と、胚培養士さん。

おお~!移植の瞬間が見れるなんて、嬉しかったです(((o(*゚▽゚*)o)))

 

移植が終わるとすぐに、先生が、私の固定されていた足をおろしてくれたのでビックリしましたΣ(・ω・ノ)ノ

先生は、私のところまで来て、移植した胚の写真と、移植した瞬間の子宮の写真をカードに挟んだものを渡してくれました。

私のお腹に手を当てて、無事に授かりますように、お祈りしています、と言ってくれました。

いつも淡々としている先生が優しく言ってくれたので、ビックリしたけど、嬉しかったです(o^―^o)

 

先生が退室されて、看護師さんの指示のもと、ゆっくりとベッドをおりて終了しました。

安静にしなくていいので、このまま着替えてすぐ帰って大丈夫ですよ、と言われました。

クリニックによっては、15~20分くらい安静をしてから帰宅するところもあるので、ちょっと気になったけど、

どうやら安静は必要ないみたいです。

激しい運動は避けて、普通に生活をして、体は冷やさないようにしてね!と看護師さんに言われました。

 

するっと会計なので、この日も会計なしで、そのまま帰りました。

不思議な感じだけど、お腹に私ともちお(だんなさん)の卵ちゃんがいると思うと、嬉しくなりました。

無事にお迎えできてよかった!!

これから無事、私のお腹の中で育ってくれますように。

先生にもらった写真とカードものせておきます(^▽^)/

ピンクの丸をつけているところが、卵ちゃんが入ってきたところです♪

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す