1回目の体外受精、胚移植後の採血(ET12)と判定日(ET13)。

<スポンサーリンク>



2018年、あけましておめでとうございます!

2017年の4月から不妊治療のクリニックに通院を開始して、

タイミング法・人工授精、そして11月には体外受精へとステップアップしました。

 

前回のブログでは、初めての胚移植をして、その1週間後の採血まで書いていました。

2017年の年末に、胚移植後の判定が出ていたんですが、その結果を書かないまま年を越してしまいましたね(;^ω^)

今日は、判定日のことを書きたいと思います。

<スポンサーリンク>



2017年12月15日に胚移植をしてから、ET12の12月27日に、

採血をするためにクリニックを受診しました。

この採血の結果で、妊娠判定が出ます。

私の通っている、扇町ARTレディースクリニックでは、採血した日に判定結果が陽性が陰性かは教えてもらえず、

翌日に受診して、判定を聞くことになっています。

 

他のクリニックでは、採血してから1~2時間待って、判定結果を聞くところが多いと思うので、採血した日に結果を聞きたい!と思ったんですが、ダメでした・・・(゜-゜)

採血した看護師さんに、前回(12月22日)の採血結果は問題なかったのかたずねると、問題ないです!と言われました。

やはり、問題があった場合のみ電話をしてくれるらしく、電話なかったでしょ?大丈夫ですよ~、と言われました。

 

この日は、前回請求書をもらった、胚移植にかかった追加費用を支払いました。

そして、助成金を申請するために必要な書類(クリニックに書いてもらう分)を渡しました。

文書作成料として、3,780円(税込)かかるので、それも一緒に支払いました。

あと、通院記録(何月何日に通院したか)も出してもらうようお願いしました。

これは、医療費控除の確定申告に使うためです。

医療費控除は通院にかかった交通費も記載して申告することができるんですが、

私はするっと会計を使って、一括で支払いをしているため、毎回領収証をもらっていないので、いつ通院したかの証明がいるのかな?と思ってお願いしました。

 

お願いした書類は、通常1週間ほどで作成してくれるとのことでしたが、

年末年始のお休みをはさむため、プラス1週間ほどかかりそうとのことでした。

書類は受診時に手渡しでも、郵送でもよいとのことだったので、郵送してもらうことにしました。

この書類が届いたら、体外受精の助成金申請に行かなければ!

この日はこれで終了して、帰宅しました。

 

翌日、ET13の12月28日が、妊娠判定日です。

もう、前日に採血をした後から、結果が気になって、ソワソワして全然落ち着けませんでした。

クリニックで受付をして、待合で少し待って呼ばれて、院長室へ通される前の部屋で待ってたんですが、ここでの待ち時間がすごーく長く感じられて、緊張マックスでした。

そして、呼ばれて院長室へ。

院長先生はいつも淡々として話される方で、必要なこと以外は話さない静かな方です。

 

先生は、「今回は凍結胚を移植して、良い状態で移植できたと思いますが、え~・・・」と言いながら、何やら図を取り出して、私に見せました。

それは、初期胚が分割して胚盤胞になっていく図と着床していく図で、

初期胚を移植してから着床するまでの過程を説明されました。

なぜ、今その説明をするんだろう・・・この流れはもしや、よくないのでは・・・と緊張して待っていると、

 

「そして、今回の血液検査の結果ですが・・・」と言いながら、先生が出した紙を見ると、

hcg 0.5

 

0.5・・・

陰性です。

この数字を見た瞬間、泣きそうになりました。

先生は、「今回はうまくいきませんでした。どの段階でダメだったかまでは分からないんですが・・・。」と。

そして、先生も私も何も喋らず、沈黙。

 

先生が、「お薬を使っていたので、やめてから数日で月経がきます。おそらく年末くらいにくるでしょう。もし、1週間経っても月経がこなかったら連絡してください。」と言われました。

私は分かりました、と力なく答えて、また沈黙しました。

 

「今回は良い状態の胚を戻せたんですが、ダメでしたね・・・。次回ですが、年齢のこともありますし、採卵を続けて行って、受精卵を2個戻すということも考えられます。」と先生が言われました。

私はショックであまり頭がまわってなかったので、2個戻すんですか?と聞くと、

そういう形もできます、と先生は言われました。

 

移植後は1周期はお休みをしてからその翌周期に採卵する、という話を以前聞いていたので、

次は1周期休むんですか?、次の次の月経がきたら、電話して受診したらいいですか?と聞くと、

先生は、「そうですね。1月に一度受診して今後の相談をしていただいてもいいですし、次の次の月経がきてから受診していただいてもいいですよ。」と言われました。

最後に、よく頑張られましたね、と言われてまた泣きそうになりながらも、こらえて院長室を出ました。

 

いつもはこのまま帰るんですが、この日は看護師さんに別室に連れられました。

辛いですね、大丈夫ですか?と言われて涙が出てきました。

ティッシュを渡され、頑張りましたもんね・・・と言われ、更に涙が出る。

大丈夫です、と言ってから、再度、今後のことを説明されて終わりました。

次の次の生理がきたら、生理3日目に受診してくださいとのことでした。

 

もちお(だんなさん)はこの日は仕事だったので、LINEで報告すると、電話をかけてきてくれました。

もちおも当然ショックで落ち込むはずなのに、励ましてくれて嬉しかったです。

 

判定日は帰ってからも落ち込んでいて泣いて、もちおも当然ながら落ち込んで、

なかなか気持ちが浮上できずにいて、ブログが書けませんでした。

でも、その中で、年末年始にもちおと、これからのことをたくさん話し合いました。

やっと気持ちが落ち着いてきたので、また前向きにがんばっていきたいと思います!

 

今年は、私たちの可愛い赤ちゃんを授かれますように☆

 

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す