<スポンサーリンク>



リプロダクションクリニック大阪へ転院!診察で、慢性子宮内膜炎やFT、チョコレート嚢胞について聞いてみた。

前回、リプロダクションクリニック大阪転院して、初診の様子を書いていたんですが、診察に入るまでに長くなってしまったので、今回はその続きを書きたいと思います!

前回の記事リプロダクションクリニック大阪へ転院!初診に行ってきた☆グランフロント大阪の15階は景色も綺麗♪も、よかったら一緒に読んでみてください☆

 

内診が終わって、待合へ戻ると、すぐに診察室に呼ばれました。

診察室に入ると、高谷先生と、その隣にメディカルスタッフ2人が並んで座っていて、私はファイルを渡してから座りました。

内診する先生と、診察室でお話する先生が別なんですね!だから早く進むのかな?

高谷先生が、初診サマリーを見ながら、今までの経過と、検査結果を確認していきました。

「リプロダクションクリニック大阪へ転院!診察で、慢性子宮内膜炎やFT、チョコレート嚢胞について聞いてみた。」の続きを読む…

リプロダクションクリニック大阪へ転院!初診に行ってきた☆グランフロント大阪の15階は景色も綺麗♪

2018年1月から後藤レディースクリニックへ通院を始めましたが、慢性子宮内膜炎の検査についてのモヤモヤ(詳しくは慢性子宮内膜炎の原因や症状、CD138染色検査について。後藤レディースクリニックからリプロダクションクリニック大阪へ。に書いています☆)などから、夫婦で話し合って、リプロダクションクリニック大阪転院することを決めました。

3月3日に、初診予約を取るためにリプロへ電話をしたら、2日後の3月5日に予約が取れたので、受診をしてきました!

後藤レディースクリニックに初診予約を取ったときは、1ヶ月以上先じゃないと取れなかったので、すぐに予約が取れたのは有難かったです(o^―^o)。

 

予約の電話のときに、HPの初診サマリー(問診票)をダウンロードして記入して持参することと、2日前までにネットで住所や連絡先・保険番号などの情報をデータ送信するように(HPのフォームから)を言われました。

初診サマリーが6枚もあってビックリしたんですが、それまでの治療歴、特に今までの検査値や、体外受精の誘発法や結果については詳しく記載するようになっていたので、それをきちんと書いて持って行けば、わざわざ口頭で説明しなくてもよいように考えられていました。

今までのクリニックで受けた検査のデータは、返却できないので、コピーを取って持ってくるように言われました。

「リプロダクションクリニック大阪へ転院!初診に行ってきた☆グランフロント大阪の15階は景色も綺麗♪」の続きを読む…

オーク会・オーク住吉産婦人科の体外受精セミナーの続き。セミナー終了後にラウンジでお茶しながら、医師とお話ができる!

前回は、オーク住吉産婦人科体外受精セミナーに参加してきて、その内容を書いていたんですが、今回はその続きを書きたいと思います!

体外受精セミナーの内容は、オーク会・オーク住吉産婦人科の体外受精セミナーに参加してきた!40代の妊娠率は?オークの体外受精の技術とは?に書いていますので、よかったらそちらも一緒に見てみてくださいね☆

 

セミナー終了後、ラウンジに移動して、医師や胚培養士、看護師、コーディネーターの方と直接お話ができると聞いていたので、その時間を楽しみにしていました。

通院していないのに、先生や胚培養士さんとお話できるなんて、なかなかないですよね!

「オーク会・オーク住吉産婦人科の体外受精セミナーの続き。セミナー終了後にラウンジでお茶しながら、医師とお話ができる!」の続きを読む…

<スポンサーリンク>