妊活中はコーヒーを飲んでもいいの?カフェインが与える影響は?

<スポンサーリンク>



妊活してるみなさん、コーヒーは飲んでますか?

妊活ってコーヒーNGのような気がしますよね(笑)。

カフェインを取るのがよくないのかな?と考えたり・・・。

 

コーヒー大好きで毎日飲んでいる人、

コーヒータイムが心安らぐ時間だよ!って人には、

特に気になることですよね!

 

コーヒーは妊活にはよくないのか、問題ないのか、

何杯くらいまでなら飲んでいいのか、調べてみました。

<スポンサーリンク>



「 コーヒー = カフェイン = 体を冷やす 」

と思っている人が多いのではないかな?と思います。

私も、ずっとそう思ってました(笑)。

 

でも、以前、私が通っている扇町ARTレディースクリニックで、

栄養セミナーに参加したときに、管理栄養士さんに言われたんです。

 

「カフェインそれ自体が、体を冷やす作用があるわけじゃないです。」

「コーヒー自体が体を冷やします。」

 

ええーーっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

カフェインが体を冷やすから、コーヒーを飲まないほうがいいんだと思ってました!

って思わず言いましたね、そのときの私は(;^ω^)。

 

だって、妊活を始めてから、わざわざカフェインレスのコーヒーを買いましたもん。

これ、意味なくないですか・・・?

 

そのときに、管理栄養士さんに言われたのは、

カフェインを多く取ると、胎児の発育に影響を与えるということでした。

 

自分でも調べてみると、確かに、妊娠中に大量にカフェインを取ると、

自然流産のリスクが上がり、胎児の発育を阻害する可能性があるという情報がたくさん得られました。

また、カフェインは鉄分の吸収を妨げるので、貧血につながる恐れがあります。

 

ただ、WHO(世界保健機関)は、胎児の発育や健康にカフェインがどう影響するかについて、

「まだ確定的ではないが、控えるように」という通達を出しています。

また、WHOは、妊娠中はコーヒーは、1日3杯~4杯にすべきとしています。

 

3~4杯って結構飲んでる感じがするんですが(;^ω^)

でも、カフェインが含まれているのは、コーヒーだけじゃないです。

紅茶、緑茶、煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶、コーラ、チョコレート・・・などなど。

他にもあります。

 

今日はコーヒーを3杯しか飲んでない!と思っても、

他のものからカフェインを取っている可能性もありますよね。

 

妊娠したら、禁止!とまではいかなくても、控えたほうがいいのは事実ですね。

妊活中は、ここまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、

体を冷やすことや、鉄分の吸収を妨げることを考えると、

控えめにしたほうがよさそうです。

特に、妊娠したかしていないか分からない状況のときは、気を付けましょう(^▽^)/

 

最近の妊活雑誌を読んでいて、コーヒーは2~3杯なら大丈夫!などと

書かれているのを見ました。

 

気になる方は、別の飲み物にチェンジするのもいいと思うし、

でも、コーヒー大好きで、コーヒーを飲む時間がホッとできる♪

という人は、無理に我慢しすぎるのは、かえってよくないと思います。

それがストレスになってしまったら、逆効果です。

ストレスは妊活に大敵ですからね!

 

私は、普段は常温の水や、温かいルイボスティーを飲んでいます。

ルイボスティーは、初めて飲んだときは、変な味と思ったんですが(笑)、

飲み慣れてからは、その味が好きになって、美味しく飲んでます☆

あとは、おやつに温かい豆乳や、ノンカフェインの紅茶ハーブティーを飲んでます。

コーヒーもたまに飲みますよ☆もともと好きなので(^O^)

今は、飲み物の種類が豊富で、いろいろ選べるので楽しいですよね♪

ストレスにならないように、上手に選んでいきたいですね。

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す