体外受精1回目!初めての採卵☆当日の流れ。

<スポンサーリンク>



2017年11月20(月)に、初めての採卵をしてきました!

 

麻酔をするため、採卵する前日の22時以降は絶食なので、採卵当日は朝ごはんを抜きました。

7時半までなら少量のお水は飲んでもいいということだったので、朝はお水のみ。

 

人工授精のときと同じように、朝、もちお(だんなさん)に準備してもらった精液を持って、クリニックに向かいました。

この日は、11月だというのに、真冬並みの寒さ!!

天気予報によると、12月下旬頃の気温だという・・・。

寒いと精子の運動率が悪くなるので、冷やさないように注意して、精液を運びました!

<スポンサーリンク>



私が通っている、扇町ARTレディースクリニックでは、保温容器を貸し出してくれるんですが、

それでも心配で、その保温容器をタオルでくるんで小さいカバンに入れて、

さらにコートの中に入れて運びました。

我ながら、厳重装備ですね(笑)。

コートの中にカバンを入れているので歩きづらくて、ゆっくり歩きました。

 

予約時間は8:30でしたが、クリニックには8:30に到着して、受付に精液を提出しました。

今までで1番、精液を運ぶのに緊張しましたよ~(;^ω^)

 

受付では毎回、紙を渡されて、月経日や体調を記入するんですが、

今回はそれに加えて、もう1枚紙を渡されて記入しました。

朝食を食べていないことの確認や、前日の注射がきちんと打てたかどうかの確認のためのものでした。

 

8:30頃に、安静室というベッドのある部屋に案内されました。

寒い日だったので、電気毛布が敷いてあって、暖かかったです☆

ここで、服を全部脱いで、手術着に着替えます。

安静室は、手術前後に使う部屋で、ベッドが3台あって、カーテンで仕切られています。

ベッドとベッドの位置は離れているので、すぐ隣に人がいる気配とかはありません。

貴重品を金庫に入れました。

金庫、5月にポリープ切除してもらったときは、なかったような気がする。

そして、持参するように言われていた、ナプキンを生理用ショーツにセットしたものを、看護師さんに渡します。

これは、採卵後に看護師さんがはかせてくれるパンツですね・・・。

 

このベッドに寝転がると、天井が夜空になっていて、星が光ってるんですよ!

プラネタリウムか!(笑)

流れ星も流れるので、なかなか綺麗なんですよ☆

でも、ただの天井より、いいと思います!落ち着きますね♪

 

トイレに行ってから少し待っていると、わりとすぐに看護師さんに呼ばれました。

安静室の奥が、手術室になっていて、そこのベッドに上がって寝転びます。

この手術室も、突然、安静室の壁だと思っていたところが開いて現れるので、なかなかビックリするし、面白いです。

看護師さんがボタンを押すと、壁だと思っていた扉が開くので(笑)。

 

手術室は、暖房をつけたばかりのようで、少し寒かったです。

看護師さんが2人いて、説明しながら、器具をつけてくれました。

「昨日はよく眠れましたか?」

「寝てる間に終わるから、心配ないですよ~」

「今日は寒いですね!手が冷たくてごめんね!」

「緊張するよね~」

などと、明るく話しかけてくれるので、緊張がほぐれました☆

 

左腕に点滴をされて、右腕には血圧計を巻かれました。

血圧は自動で2分おきに測られていました。

右の中指に、血中酸素を測定する機会をつけられて、

心電図の電極シールを胸に貼られていきます。

鼻には、酸素を注入する管をさされました。

 

足は両方、台に置いて固定され、開いた状態で先生を待ちます。

大きいタオルを足にかけてもらってたので、寒さは大丈夫でした。

 

先生が登場して、点滴に抗生剤が入れられ、その後に点滴に麻酔が入れられました。

「少しピリピリするけど、すぐ眠るからね。起きたら終わってますよ。」

と看護師さんが言われましたが、ピリピリはよく分からないまま、

すぐに目の前がユラユラして、意識がなくなりました。

 

気が付いたら採卵は終わっていて、手術台からストレッチャーに移るところでした。

自分で少し横に動いてストレッチャーに乗せられたと思うんですが、

次に気付いたら、もう安静室のベッドの上にいました。

 

私が、前回の受診のときに、大きい卵胞が排卵してしまわないか心配してたので、

看護師さんが「排卵はまだしてなかったですよー。大丈夫でしたよ!」と言ってくれました。

そして、「この後、落ち着いたら、先生のお話が少しあって、それから培養士の話になります。」と言われました。

あれ?採卵した日は、先生とのお話はないって聞いてたのになぁ・・・と思いながら、寝ました。

 

目が覚めると、点滴はもう終わっていたので、看護師さんが点滴を抜いてくれました。

もちお(だんなさん)に連絡したかったんですが、携帯を金庫に入れていたので、看護師さんに言うと、

もう大丈夫そうなら起き上がってみましょう、と言われ、ベッドに座りました。

もう麻酔も完全にぬけていて、全然フラフラしなかったので、

もちおにLINEをしてから、着替えてトイレに行ってベッドで待っていました。

これが、9:30頃だったと思います。

 

ちょっと、長くなってきたので、採卵の結果については、後日に記事を分けて書きました。

1回目の体外受精。採卵の結果と胚培養士さんとのお話、ポリープによる移植の延期( ノД`)に続きを書いているので、よかったらそちらも一緒に見てみてくださいね☆

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す