初めての体外受精。初採卵の前のホルモン検査と卵胞チェック☆

<スポンサーリンク>



体外受精をスタートさせて、3回目の受診に行ってきました!

D9(生理9日目)の11月18日(土)、採卵前の最後の受診です。

この日は、卵胞の大きさ内膜の厚さをチェックするのと、

ホルモン検査でした。

 

前回と同様、卵が育ってますように!と願いながら、受診してきました。

<スポンサーリンク>



この日の予約時間は9:15でした。

ホルモンの検査は血液検査をするんですが、結果が出るのに1時間くらいかかるため、早めの時間の受診をすすめられていました。

 

土曜日はいつも混んでるんですが、この前日と前々日が、

先生が学会に出席されていたため、クリニックがお休みだったので、

いつもの土曜日よりもさらに混雑していて、看護師さんや受付スタッフさんはとても忙しそうでした(;^ω^)

これは待つかな~と思っていてら、受付をすませてすぐに、内診室に呼ばれました。

 

まずは、前回と同様に、エコーにて内診してもらいました。

内膜の厚さは8mm。

順調に厚くなってますね~、と先生が言われたので、ひと安心(o^―^o)

そして、気になる卵胞の数と大きさのチェック。

前回は9~16mmの卵胞が5つ見えていました。

 

左の卵巣に、5mmの卵胞が1つ。

右の卵巣に、13mm、15mm、21mmの卵胞。

あれ?減ってる・・・

しかも、左には前回、9mmの卵胞があったはず~。

どうしたのー!小さくなってしまったのか、消えてしまったのか(´;ω;`)

と思ってしまいました。

でも、ちゃんと育ってる卵胞もあるから、この卵ちゃんたちをもう少し育てよう☆

と思いました。

 

先生は内診が終わると、急いで部屋を出て行かれました(やっぱり忙しそう)。

私はホルモン検査のため、看護師さんに採血してもらいました。

ここから1時間くらい待つんだ~と覚悟はしていたので、本を読みながら待ちました。

待合には、雑誌の他、漫画や、不妊治療関連の本がたくさん置いてあるので、

読むものには困りません。

不妊治療関連の書籍は、貸し出しもされています☆

 

この日は土曜日で、もちお(だんなさん)の仕事がお休みだったので、

クリニックに一緒に来てくれていました。

家で打つ注射の説明を一緒に聞いておいてほしかったので、ついてきてもらったんです(;´▽`A“

 

それから、1時間経って、そろそろ呼ばれるかな?と思っても、呼ばれず・・・。

相当混んでいたようで、1時間半以上、2時間近く待って呼ばれました。

 

院長室にて、今後の予定を聞きました。

血液検査の結果は、問題なしでした(^O^)

この日のエコーの前には、おそらく21日(火)くらいに採卵かな?と先生は言ってたんですが、

卵の育ちが早いようで、20日(月)に採卵することになりました。

その後、22日(水)に胚移植の予定です。

 

エコーで、そこそこの大きさの卵が3個だったので、

採卵できるのは、最大で3個ですか?と聞くと、

3個だと思います、と先生。

採卵の36時間前に、卵を成熟させるための注射を打つように言われました。

 

排卵を抑制する注射も打つと思っていたので、それは打たないのか先生に聞くと、

打たないと言われました。

21mmの卵胞があったので、排卵してしまわないか心配だったんですが、

ホルモン値の検査結果をみると、E2が979.5で、

まだ排卵しないと言われました。

心配だけど・・・先生が大丈夫と言うなら、大丈夫なんだと思おう!と思いました。

 

この後は、看護師さんから薬の説明を受けました。

ここで、もちお(だんなさん)にも同席してもらいました。

先生のお話を一緒に聞くと、もちおにも再診料がかかってしまうので、このときだけ同席。

 

18日(土)と19日(日)に使うお薬の説明と、採卵日のスケジュールの説明を受けました。

前回までと同様に、「体外受精のスケジュール表」を見て、またそこに自分で、薬の予定を書きこんでいきました。

 

18日(土)は、ゴナールエフの自己注射を、今までと同じく75単位打ちます。

今まで14時頃に打っていたので、本当は同じくらいの時間に打つのがよかったみたいなんですが、

この日は夜まで家に帰らない予定になっていました(;´・ω・)

でも、4~5時間ならずれても大丈夫なので、帰ったらすぐに打ってくださいと言われました。

 

エストラーナテープは、19日(日)に張り替えます。

それから、採卵の36時間前に打つ注射、オビドレルの説明を受けました。

今まで打っている自己注射のゴナールエフは、ペン型なので、針がすごく細くて短いんです。

痛みもほとんど感じないくらい。

でも、オビドレルはシリンジで、針も普通に長いので、自分で打つのが怖い!とずっと思っていました(つд⊂)

これが、オビドレルです。

看護師さんが、テスターを使って説明してくれるんですが、針が長いよ( ;∀;)

最初に空気抜きをするので、そのやり方を説明してもらってやってみました。

でも、注射器が小さくて、持ちにくいな・・・とブツブツ私が言ってたら、

もちお(だんなさん)が心配になったのか、打とうか?と言ってくれました。

(このときは自分で打とうと思ってたんですが、結局もちおに打ってもらいました。)

一緒に注射の説明を聞いといてもらって、よかった!ありがとう、もちお(だんなさん)!

 

カラー写真入りの注射の打ち方説明書をもらったんですが、オビドレルの説明書じゃなくて、

ガニレストという注射の説明書でした(;^ω^)

打ち方が同じだったみたいなんですが、ちょっと気になりました。

オビドレルは冷所保存だったので、看護師さんが保冷バックに入れて持たせてくれました。

 

それから、ここ数日、めちゃめちゃ寒くて、精子を運んでくるのに冷えてしまわないか心配だったので、保温容器を貸し出してもらいました。

天気予報によると、12月下旬くらいの寒さになるみたいで、

すごく心配なんですけど( ノД`)

注意して運びたいと思います!

すべて終了したのが、もう12時半を過ぎていました。

疲れました・・・。

 

でも、体外受精は、するっと会計にしているので、この日はお会計なしで、

そのまま、さ~っと帰れました!

これで、さらに会計待ちをしなくてよかった(;”∀”)

するっと会計や、体外受精の費用について気になる方は扇町ARTレディースクリニックの体外受精費用とは?独自の費用軽減プラン”IVFライトプラン”☆を見てみてくださいね☆

 

初採卵、緊張しますが、卵ちゃんがたくさん取れますように☆と思いながら、帰りました。

**************************************
ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>



コメントを残す